ニキビ跡消す化粧水

ニキビ跡にはどんな種類があるの?


ニキビ跡の種類には、「色素沈着」のシミとして跡が残るもの、肌の凹凸である「クレーター」として残るもの、凹凸はなくなったのに「赤み」が残るもの、そして稀ではありますが赤く盛り上がった「ケロイド」として残るものがあります。

これらのニキビ跡は、それぞれ何が原因で起こるものなのか、そしてその対処法についても、ニキビ跡の種類ごとに見てみましょう。

まずニキビ跡としての色素沈着には、茶色いシミと黒・赤紫色のシミがあり、それぞれに原因が異なっています。

茶色いシミの原因は「メラニン色素」です。メラニン色素の本来の役割は「紫外線などのダメージから皮膚を守ること」。日焼けでは、紫外線への防御のために大量につくられたメラニン色素が、排泄されずに肌に残り、シミになります。

この日焼けのメカニズムと同様に、ニキビによる炎症を感知した肌が、保護のためにメラニン色素を過剰に生産し、これが茶色いニキビ跡になって残ってしまうのです。

対処法としては、日焼けをしてさらに沈着が濃くならないように気をつけましょう。沈着を和らげる作用のあるビタミンC誘導体配合の化粧品を使用したり、クリニックでピーリング、レーザー治療を受けたり、美白クリームを処方してもらうという方法もあります。

一方、黒・赤紫色のシミの原因は「ヘモグロビン」です。ニキビの炎症が治る過程で、刺激など何かのきっかけで血液がニキビ跡に漏れ出してしまい、シミとなって現れます。

対処法としては、ニキビ跡用の化粧品で、少しずつ確実にシミを消していくのがおすすめです。即効性のあるレーザー治療という選択肢もありますが、医師の技術によって治療結果にばらつきがあったり、治療中は日焼けにかなりの注意を要するなど、誰でもが気軽に受けられるものでもないため、あまりおすすめしません。

「クレーター」も、ニキビ跡に多い症状です。ニキビの炎症が強く、ダメージが真皮にまで及んでしまったために、組織が破壊されて凹んでしまっている状態です。

患部のコラーゲン組織を再生させる必要があり、その治療法としては、クリニックにおけるレーザー治療、コラーゲンやヒアルロン酸の注入、コラーゲン生成作用のあるクリームの塗布、ターンオーバーを促進するビタミンCの摂取、ピーリングなどがあります。

「赤み」は、ニキビの凹凸がなくなっているのに、赤みだけがずっと残っている状態であり、比較的軽症のニキビ跡です。ニキビによる傷を治すために集まった毛細血管が拡張して赤くなっている場合や、アクネ桿菌が皮脂を酸化させて赤みとなっている場合があります。

ある程度日数が経てば薄くなる場合もあり、ホームケアでニキビ跡化粧品を使用して様子を見るのがおすすめですが、ケミカルピーリングやレーザー治療でも効果が見られます。

稀に起こる「ケロイド」は、やけど跡と同様に、ニキビの跡が赤く盛り上がって残ってしまった症状です。ニキビの炎症があまりにも重度だった場合に、皮膚再生に必要なコラーゲン線維が過剰に作られてできた「瘢痕(はんこん)」が、硬く残ってしまって現れます。

ケロイドの治療では、クリニックにおいてステロイドやレーザーを用いますが、完全に元に戻すのは困難です。このようなケロイドを作らないために、ニキビが軽度の状態で治療を始めること、ケロイドができ始めた場合も、できるだけ早く治療を開始することが肝心です。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ