ニキビ跡消す化粧水

アゴニキビを増やす習慣、ついていませんか?


いつもアゴの部分にニキビが出来てしまう・・・という方がいます。男性であればニキビが気になってヒゲ剃りが十分にできなかったり、ニキビが汚れのように見えてしまったりしがちです。 そんなことがないよう、アゴのニキビ予防・改善のために、まずは原因から確認していきましょう。

顔のTゾーンとは、額・鼻筋・顎までのちょうど「T」の字の部分のことであり、皮脂分泌が多いためにテカリやすい・ニキビができやすい部分と言われています。そんなTゾーンの一部であるために、アゴニキビに悩む方が多いのです。

皮脂分泌の傾向以外にアゴにニキビが出やすくなる原因として、食事・生活習慣の傾向や体内器官の健康状態なども影響しますが、ここでは体の外からの刺激・要因について見ていきます。

手で口元を押さえたり、頬杖をついたり・・・実はアゴに触る機会は多く、それだけ雑菌や皮脂が付着しやすくなります。汗をたくさんかけば、顔を流れた汗がアゴに溜まっていきます。

女性のメイク時にはアゴにもしっかりとファンデーションを塗りますし、男性の場合にはヒゲの存在が大きく影響します。ヒゲが濃いということは、毛穴も多いということです。さらに皮脂や汗が溜まりやすいという条件が重なり、汚れがたくさん毛穴に詰まりやすくなります。

これらの要因が全てニキビ発生につながり、悪化の要因ともなっています。そのほか、髪の毛の先、洋服の襟やスカーフなどがアゴにも触れて、汚れがつくとともに肌への刺激となることや、洗顔の際に洗い残し・すすぎ残しの出やすい場所でもあり、これらもアゴニキビを増やす原因です。

では、原因をひとつひとつ解消していきましょう。まず、Tゾーンの皮脂分泌の問題ですが、テカリが気になっていつもあぶらとり紙を持ち歩き、アゴの脂を取っているから大丈夫・・・と思っていませんか? たまに利用するぐらいなら良いのですが、あまりに頻繁に脂を取ってしまうと、逆に肌が「脂不足」と勘違いして皮脂分泌をさらに促してしまうケースがあるので、注意してください。

癖としてアゴを触りすぎていないか、チェックしてみましょう。頬杖をよくついている、口周りを触る癖がある、と気づいたなら、それらの習慣はできるだけ減らします。 アゴニキビが気になるなら、できるだけアゴに髪が触れないヘアスタイル、アゴに生地が触れない洋服を選ぶなど、ファッションでも気をつけてみてください。

顔の汗はアゴまでしっかり拭うこと、そして大切なのが「洗顔の仕方」です。顔の中心部だけでなく、アゴ周りまでしっかりと泡でマッサージし、ぬるま湯で丁寧に洗い流します。清潔なタオルで拭いたあとは、肌に優しいニキビ化粧水で保湿をします。

皮膚科に行くしかない、という状態までアゴニキビを悪化させないよう、予防・改善としてケアする習慣をつけてくださいね。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ