ニキビ跡消す化粧水

ニキビ跡にできたクレーターや肌の凸凹、どうやって治す?


ニキビがきれいに治らず、クレーターのような跡が残ってしまうことがあります。肌表面自体がデコボコになってしまっているために、お化粧でも隠しきれずに困ってしまいますよね。 しかし諦めることはありません。ニキビによるクレーター肌を直していくための方法をいくつか紹介し、それぞれのメリット・デメリットを確認しましょう。

美容外科で治療する

比較的短期間で、なんらかの成果を期待できるのが美容外科でのニキビ跡治療です。美容外科では複数の治療法を並行して用いて、患部をきれいにしていきます。

レーザーやサーマクールなどで、コラーゲンの生成を促し新しい肌へと生まれ変わらせる方法や、フラクショナルを用いて凸凹部分の表面を削ったり、肌に穴を開けることで肌再生を促進する方法、化学薬品を用いて古い角質を除去し、なめらかな新しい角質へと生まれ変わらせる「ケミカルピーリング」といった治療法があります。

美容外科でニキビ跡治療を受けるメリットとして、医師が行う治療なので安全性が高く、想像以上に患部がきれいになる可能性もあること、ほかの治療法に比べれば治療期間が短くて済むことが挙げられます。

これに対し、医師の治療スキルに依る部分が大きく、信頼できるクリニック探しが肝心なこと、人によっては治療が長く感じられること、健康保険適応外で治療費が高め、といったデメリットがあります。 万が一にも自分の肌をさらに傷つけることのないよう、治療法について事前にリサーチし、不安・不明点は医師に必ず確認するようにしてください。

ニキビ跡専用化粧品を利用

患部の状態にもよりますが、ニキビ跡専用の高品質化粧品を用い、自宅で治療をする方もたくさんいます。効果を実感するまでにある程度の期間は必要ですが、治療費用が少なくて済むこと、通院の手間がなく自分のペースでケアできること、治療リスクが少ないのがメリットですね。

化粧品は肌に合うもの、合わないものがあるため、テスターで試して確認の上購入するようにします。様々な商品が販売されているので、オススメされている商品を比較してみてください。

食習慣・生活習慣の改善

ニキビ跡専用化粧品の利用や、コラーゲン摂取などと合わせて気をつけていきたいのが、肌をきれいにするための食事や生活の習慣を見治す方法です。ニキビができやすい、跡が残りやすい体質を改善していきます。参考になる情報を調べて、自分に合った方法、手軽にできる方法を取りれてください。

クレーター跡は、ニキビによる炎症で肌細胞が破壊されてしまった状態です。肌が生まれ変わるためには、健康な状態でも約1ヶ月必要であり、肌の奥から細胞を新しく生まれ変わらせるならばそれなりの期間が必要となります。

手術によって肌表面を削り取る場合でも、数回に分けて少しずつ肌を削り、削った部分の肌を再生するには、やはり数ヵ月が必要となります。 深く傷ついたニキビ跡、クレーターを健康な肌に生まれ変わらせるには、いずれの治療法でも時間がかかることを理解しておきましょう。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ