ニキビ跡消す化粧水

大豆イソフラボンはニキビ肌に効果的


ダイエットやバストアップ、美容に興味のある女性の中で一時ブームになっていた「大豆イソフラボン」をご存知でしょうか。名前の通り大豆に含まれている成分で、女性ホルモン(エストロゲン)とほとんど同一のはたらきをします。

美容効果が高く健康にも良いとされており、手軽に摂れる女性ホルモンということで今でも人気となっています。

そんな大豆イソフラボンが、ニキビにも効果があることを知っていますか?年を重ねてから悩まされる大人ニキビ、その体質改善に大豆イソフラボンが活躍するのです。では、なぜ大豆イソフラボンがニキビ予防に効果があるのか、考えてみましょう。

ニキビの原因にはいろいろありますが、ストレスによるものが多数を占めます。人の体はストレスを感じたとき、脳が緊張し副腎皮脂ホルモンというホルモンを放出させます。そのホルモンが放出されるとき、知らないうちに男性ホルモンも分泌されています。

その際に女性ホルモンとのバランスが崩れ、皮脂が大量に分泌されてしまうのです。そして皮脂が毛穴に詰まることで、ニキビができてしまうのです。ようするに、ストレスを感じることで体内のホルモンのバランスが崩れ、結果としてニキビができてしまうのです。

そこで、大豆イソフラボンを摂取することで、乱れてしまった女性ホルモンを調整することができます。 大豆イソフラボンには、増えすぎてしまった女性ホルモンを抑制し、少なくなってしまった女性ホルモンを増加させるはたらきがあります。

こうして女性ホルモンのバランスを整えることによって、男性ホルモンともバランスを保つことができるようになります。つまり、大豆イソフラボンにはニキビ予防やニキビ肌の解消効果があるのです。

そのため、大豆イソフラボンが配合されている化粧品や健康補助食品は、大変人気が高くなっています。値段もそれほど高くなく、お手軽に手に入れることができますが、1日の摂取量には注意したほうがよいでしょう。目安としては、大体1日あたり50mg~60mgが効果的な摂取量だといわれています。

あまり過剰に摂取してしまうと、体調不良を起こしたり、月経周期が乱れてしまったり、子宮内膜増殖症を発症してしまう可能性があります。摂取量に気を付けて生活に取り込めば、ニキビ解消効果や健康維持の効果があり、とても効果的な成分となるでしょう。

また、豆腐や油揚げや納豆など、大豆からできている食品にも大豆イソフラボンはたっぷり含まれています。普段の食事からこういった健康によいものを取り入れるように意識してみてください。少しずつではありますが、ニキビのない肌に近付けることは間違いないでしょう。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ