ニキビ跡消す化粧水

画期的ニキビ治療薬、ディフィリンゲルのパワーとは


近年、二キビ治療の話題でよく聞かれるようになった「ディフィリンゲル」。日本においては2008年に皮膚科での処方が開始されました薬ですが、世界での使用例を見てみると、約80カ国において、早い国では10年前ぐらいから利用される、比較的ポピュラーな治療薬なのです。

この新しいお薬・ディフィリンゲルの特徴やニキビ治療効果、求め方、使用上の注意点について確認しておきます。

ディフィリンゲルの特徴は、ニキビ治療に対するその効果の高さにあります。これまでに皮膚科で処方されていた二キビ治療薬の効果はそれほど目覚しいものではなく、「ドラッグストアで購入できる市販薬の方が効いた」といった声も聞かれていました。

しかしディフィリンゲルについてはこれに当てはまらず、市販薬よりも高い効果が見られるのはもちろんのこと、さまざまなタイプ・重症度のニキビに効果をもたらすことが分かっています。 これまではなかなか治療が難しかった頑固なニキビも治すことができ、これまでの二キビ薬とは違う、画期的な治療効果を期待することができるのです。

ただし効果を発揮できるのは炎症中のニキビに対してであり、既にニキビ跡として残ってしまったクレーターや色素沈着にディフィリンゲルを用いても、適切な治療法とは言えません。 ディフィリンゲルは皮膚科で処方される医薬品であり、ドラッグストアなどで市販品として購入することはできません。

医師に見てもらわないと手に入れられないので面倒に感じるかもしれませんが、それだけ治療効果が高く即効性がある、と考えることもできます。健康保険適用内の処方薬であることも、嬉しい点ですね。 世界中で、そして日本でも、ニキビに悩む多くの人に画期的な効果をもたらしているディフィリンゲルですが、ほかの医薬品同様、その使用においてはいくつかの注意点があります。

目立った副作用の報告はないものの、医師の処方、指示通りに適正な使用をしないと、トラブルが起こってしまう可能性はあります。 ドラッグストアなどで誰でもが手に入れられる商品ではなく、皮膚科医の処方を必要とすること自体が、「使用上のリスク」を示唆しているとも言えます。

医師・薬剤師の説明をよく聞いて正しく用いて、肌にトラブルがないかよく見守りながら使うようにしてください。異常を感じた場合には、自分で判断せずにいったん使用を中止し、もう一度医師の診察を受けることが大切です。 画期的なニキビ治療薬の効果を、上手に利用してくださいね。

知っておくべき!ニキビ治療薬・ディフィリンゲルの副作用


ニキビ治療薬として皮膚科での処方が増えている「ディフィリンゲル」には、これまでのニキビ治療薬にはない高い効果が見られ、健康保険適用内で処方を受けることができます。 しかし使用するうえで、いくつかの注意点が挙げられます。しっかりした皮膚科医であれば事前に詳しく説明があると思いますが、念のため患者としてもあらかじめ情報をチェックしておいてください。

気になるのはその副作用です。副作用というと、誤った使用法をした場合や薬が体質に合わなかったケースを思い浮かべますが、ディフィリンゲルの場合にはより一般的な反応として、ある程度の副作用を覚悟しておく必要があるのです。

ディフィリンゲルの使用を始めてからニキビが治るまで、約1ヶ月間の副作用期間があります。実に約8割の方に、赤身や乾燥、かゆみ、ピリピリ感、落屑(らくせつ 皮膚の角質片の剥げ落ち)といった症状が現れます。

もともとのニキビ症状だけの時期よりも、炎症がひどくなり目立ってしまうために、びっくりする方は少なくありません。およそ1ヶ月程度でこの症状は治まり、その後はニキビが治っていきますが、そのあいだ人に会うのが憂鬱だったり、鏡を見て嫌になってしまう方もいます。

ディフィリンゲル使用時には、80%の確率でこの副作用が出てしまうため、あらかじめその点を医師に質問し、確認・納得しておくことをおすすめします。 また、ディフィリンゲルの効き目の良さや広汎性故に、皮膚科医がディフィリンゲルの処方に頼りがちになってしまうことが問題とされるケースがあります。

先述の副作用があまりにもひどく、悩んだ患者が別の皮膚科医に相談したところ、そこでも再びディフィリンゲルを処方されてしまったといいます。当然これでは問題の解決になりません。 信頼できる皮膚科医であれば、これまでの治療歴をきちんと確認し、患者の悩みを聞いたうえで治療法を選択するものです。

しかしおざなりな診察になってしまっている皮膚科医では、「ニキビ治療=ディフィリンゲル」といった安易な処方をしてしまうケースが見られます。患者側に非はないので、諦めずに自分に合った皮膚科医を探すようにしてください。

また、妊娠中・授乳中の女性がディフィリンゲルを使用すると、子供の身体に影響を及ぼす可能性があるため、通常は処方されませんが、よく注意するようにしてください。 人によりアレルギー反応を起こす場合があり、これは先述の一般的な副作用とは異なります。ただちに使用を中止するとともに、過去にアレルギー経験のある方は、事前に医師に相談するようにしてください。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ