ニキビ跡消す化粧水

季節ごとのスキンケアで敏感肌対策


気温の変化が激しくなる季節の変わり目は、お肌のトラブルに悩まされてしまいがちです。最近では、そんな風に季節の変わり目にお肌が敏感になることを「ゆらぎ肌」と言っている女性が増えてきているようです。

ここでは、敏感肌や乾燥肌で悩む方におすすめな季節ごとの肌ケアについて、詳しく紹介していきましょう。

まずはじめに、春のスキンケアです。春といえば、「花粉」に悩まされる季節です。敏感肌に加えて花粉症の方は常に花粉に警戒していなければなりませんね。春といってもまだまだ乾燥が気になるので、保湿力の高い乳液やクリームを、鼻や頬など乾燥しがちな部分にしっかり使ってあげましょう。

また、一年の内でもっとも紫外線が強いとされているのは5月です。冬が終わったばかりでまだまだ油断しがちですが、低刺激の「紫外線散乱剤」対応の日焼け止めをしっかり塗り、はやめの紫外線対策を心掛けましょう。

次に、夏のスキンケアです。夏は暑いからとエアコンを使う機会が多いでしょう。汗をかいたら刺激の少ない素材のハンカチなどでしっかり拭くようにし、エアコンの風による乾燥を防げるように、保湿も十分行うようにしてください。

また、敏感肌の方に日焼けは禁物です。通常の健康な肌よりも大きな刺激を受けてしまう場合があり、ひどい時には火傷のような症状を引き起こしてしまうケースもあります。海水浴なども極力避けたほうがいいでしょう。

次に、秋のスキンケアです。秋は、春と夏の乾燥や紫外線により肌の疲れが一気に見られる季節です。気温の差も激しく、お肌のトラブルが一番目立ってしまうのではないでしょうか。保湿も大事ですが、クリームなどを選ぶときは刺激が少なく栄養分の多いものを選ぶようにして、肌に優しい栄養補給を行いましょう。

そして、春にも悩まされた花粉は秋にもあらわれます。もちろんこの花粉も乾燥の大きな原因につながります。油断せずにしっかりと、春同様の花粉対策を意識することをおすすめします。

最後に、冬のスキンケアです。冬は誰でも知っている通り、一年の中でもっとも乾燥しやすい季節です。軽い保湿などでは肌の水分もすぐに蒸発してしまい、粉をふいてしまったり、ひび割れてしまったりと、他の季節よりも多くのトラブルを抱える人がいます。室内と外の気温の差も大きく、肌への負担がとても激しくなってしまいがちです。

冬のケアは、何よりも乾燥を避けることが大事です。顔だけでなく手や足も保湿を心がけ、こまめに保湿クリームなどを塗ってください。マッサージなども取り入れると、皮膚のターンオーバーが促され、肌トラブルが少なくなると思います。

さて、季節ごとのスキンケアについて紹介させていただきましたが、ひとつ気をつけてほしいのは、「過剰なスキンケアは禁物」ということです。

乾燥などで起こる肌トラブルに、乳液やクリームをたくさん塗ってしまっては過剰な刺激になってしまい、逆効果になってしまいます。季節ごとに自分の肌の様子を見極めて、しっかりと自分に合った適切なケアを心掛けるようにしてください。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ