ニキビ跡消す化粧水

乾燥肌にぴったりのスキンケアとは?


乾燥肌の方の悩みに多いのは、「自分の肌に合ったスキンケア方法が見つからない」ということです。生まれつきの敏感肌や乾燥肌を理由に諦めてしまっている方も少なくないでしょう。ここでは、そんな敏感肌や乾燥肌で悩む方におすすめのスキンケア方法について、詳しく見ていきましょう。

まずはじめに、クレンジングについてです。メイク落としやクレンジング剤にはもちろん低刺激のものを使いましょう。メイクが残らないようにきちんと落とすことが大事ですが、オイルタイプやジェルタイプのものは避けることをおすすめします。

また、よくクレンジングの際に小顔になるマッサージなどを行う方がいますが、お肌に対して必要以上の刺激になってしまうので、これもやめたほうがよいでしょう。低刺激のクレンジング剤の場合、ウォータープルーフのマスカラなどが落ちにくくなっていますので、目元のみ専用のクレンジング剤を使いましょう。

次に洗顔ですが、ここで一番大事なことは、顔の皮脂を落としすぎないということです。毎日行う洗顔なので、ここはしっかり注意したほうがいいポイントです。

お風呂上がりなどに塗る化粧水や乳液、就寝中に分泌される皮脂などを洗い流すには、38度くらいのぬるま湯で軽く洗い流すのがおすすめです。もしもぬるつきが気になる場合も、使用する洗顔料は必ず低刺激のものを使ってください。

洗顔後に使うタオルも、大変重要になっています。肌触りがよく柔らかいものを選び、顔に優しく押し当てるように拭きましょう。洗顔後の肌は皮膚がふやけていてとてもデリケートな状態です。ゴシゴシ拭いて肌を傷つけないように注意しましょう。

最後に、乾燥肌の方にとってもっとも大切な保湿についてです。洗顔後やお風呂上がりは時間をおかず、すぐに保湿ケアを行いましょう。この際、「セラミド」や「ビタミンC誘導体」、「グリコール酸」などが含まれたスキンケア商品を使うとよいでしょう。」

まず化粧水をたっぷり手に取り、内側から外側へと顔全体になじませるように広げていきます。化粧水で十分に保湿をしたら、今度は乳液や美容液などのクリームでフタをしてしっかり水分を閉じ込めてください。

保湿成分を肌の内側までしっかり届けるように、コットンではなく手で肌の状態を確認しながらケアしましょう。手でしっかり押さえることで密着度も上がり、有効成分の浸透率が高くなります。この際パッティングするのではなく、じわじわと皮膚全体を抑えるようなイメージを意識してみてください。

これらの手順をしっかり行うことで、肌を常にしっとり保つことができます。乾燥肌だからと諦めずに、できることからしっかりはじめてみてはいかがでしょうか。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ