ニキビ跡消す化粧水

ニキビによく効く、ビタミンC誘導体とは?


ニキビに悩まされる原因のひとつに、栄養の偏りが挙げられます。そんなときに、ニキビに有効な成分として注目されているのが、「ビタミンC誘導体」です。では、このビタミンC誘導体とは、具体的にはどのような成分なのでしょうか。

私たちのお肌にとって、ビタミンCはとても重要な役割を担っています。ニキビができたあとのメラニンの色素沈着を防いでくれたり、「抗酸化作用」という作用でニキビの原因のひとつである活性酸素を除去してくれます。美肌づくりのためには、どれもすべて大切なはたらきとなっています。

ビタミンCは、体内から摂取するのが一般的となっています。もちろん、体外から直接肌に取り込むことができるなら、それが一番効果的だと考えられています。しかし、ビタミンCは分子構造がとても不安定になっており、肌表面で弾かれてしまい、浸透しにくいという性質をもっています。

こうした理由から、体外から効率よくビタミンCを摂取するためにと開発されたのが、ビタミンC誘導体となっています。これは、ビタミンCの中のアスピリン酸に化学修飾を施したもので、中でも水溶性のものが一般的となっています。

水溶性のビタミンC誘導体の場合、品質名の表記に、アスコルビン酸ルグコシドや、リン酸ビタミンC、といった名称が用いられています。油溶性のものや、両方の性質をもつものに比べて、肌への浸透力が高いことで知られています。

しかし、ビタミンCには皮脂分泌を抑制する作用があり、水溶性のビタミンC誘導体では乾燥が気になってしまう方も少なくないようです。

そこで活躍するのが、油溶性のビタミンC誘導体となっています。こちらは、肌へ浸透するまでには時間がかかりますが、油溶性特有の保湿力の高さを保ったまま、ビタミンCを肌に浸透させることができます。油溶性ビタミンC誘導体の品質名には、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルといった名称などが用いられています。

最近では、水溶性と油溶性の両方の性質をもったビタミンC誘導体も注目されています。品質名にはパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)といった名称が用いられており、肌への素早い浸透力と、高い保湿力を併せ持っていることが人気の理由となっています。

これらのビタミンC誘導体すべてから、色素沈着やニキビ跡の凹凸の緩和、ニキビの炎症や皮脂の過剰分泌の抑制など、肌を綺麗に保つために必要な作用が臨床データ上で確認されています。ビタミンCは肌にとって必須の栄養素なので、上手に摂取して美しい肌を維持していきましょう。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ