ニキビ跡消す化粧水

ニキビができるのは遺伝なの?


思春期の頃に悩まされるものと言えば「ニキビ」です。外見を気にし始める時期ですから、赤く目立つニキビは本当に迷惑な存在なんですよね。「ニキビができやすいのは遺伝のせいだ」と、親に八つ当たりした経験がある方もいるのではないでしょうか?

ニキビが遺伝するなら、一生懸命ケアしてもしょうがない・・・と、諦めてはいけません。ここでは、ニキビと遺伝の関係について見ていきたいと思います。

親と顔や体質が似るように、肌質も遺伝によって子へと受け継がれるというのは、極自然な考え方です。しかし、科学的な検証ではニキビと遺伝の因果関係ははっきりと解明されてはいないのです。

そうは言っても、ニキビで悩んだ親の子もまた、ニキビで悩まされているというケースは実際多いです。なぜ、遺伝とは言い切れないのにこのような現象が起こるのかと言いますと「後天的遺伝」が原因として考えられます。

後天的遺伝とは、生活習慣などの家庭環境が大きく影響して引き起こされるものです。例えば、食事です。親が好き嫌いが多く、子供にも同じ食事をさせていると栄養バランスは偏ってしまいます。特に、野菜が少なく脂っこい食べ物が多い場合、ニキビができやすい肌質になってしまうでしょう。

また、お菓子など間食をする習慣があるご家庭は要注意です。子供はポテトチップスやチョコレートなど高カロリーなお菓子が大好きですよね。脂分や糖分はニキビのもとですから極力控えるのがベターです。

また、ニキビは食事以外にも睡眠時間やストレスも関係していますので、不規則な生活にならないように親が注意する必要があります。子は親の背を見て大きくなるものですから、子供の模範となるような規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

このようにニキビは、生まれ持った遺伝子による「先天的遺伝」というよりは、親と同じ生活環境で育った為に引き起こされる「後天的遺伝」による見解が強いです。ですので、親も子も生活習慣を見直すことでニキビが出来やすい肌質を改善することは可能です。

思春期は皮脂分泌が盛んな時期ですので、洗顔でスッキリと皮脂汚れを落とすことも重要です。大人ニキビでお悩みの方は、サプリを取り入れて栄養バランスを補い、ピーリングなどのニキビ治療を受けてみるのも効果的です。

また、手軽にできるニキビケアとしてニキビ化粧水があります。ニキビだけでなく、ニキビ跡の予防にもなりますので、ニキビができやすいとお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ