ニキビ跡消す化粧水

アクネ菌とニキビの関係


ニキビでお悩みの方であれば、アクネ菌の存在はすでにご存知かと思います。しかし、アクネ菌がニキビと関係があることは知っているけど、それがどんな影響をもたしているのか理解されている方は少ないのではないでしょうか。

ニキビを改善するにはアクネ菌の特徴について知っておく必要があります。その為に、ここではアクネ菌について解説したいと思います。

アクネ菌というと、肌にとって悪者のイメージを持たれがちですが、実際はお肌の状態を健やかに保つために必要な常在菌のひとつなんです。そのため、アクネ菌はニキビができやすい人にだけ存在しているものではなく、誰しものお肌に存在している代表的な菌とも言えます。

では、どうしてニキビの発生にアクネ菌が関連づけられているのでしょうか。これはアクネ菌が持ついくつかの性質に由来していると言えます。

まずひとつに、アクネ菌は酸素を嫌うという性質があります。アクネ菌は、死滅して皮脂や老廃物などと一緒に排出されるまで、基本的には毛穴の奥に影をひそめています。 そして、アクネ菌は皮脂の成分でもあるトリアシルグリセロールと呼ばれる中性脂肪を好む性質があります。

この二つの性質が合わさることで、次のような肌トラブルが引き起こります。 それは、アクネ菌の大繁殖です。私たちは、思春期だったり生理前だったり、ホルモンバランスの乱れによって、皮脂の分泌量が増える時期がありますよね。皮脂は、アクネ菌の栄養源となる訳ですから、毛穴の奥底に隠れていたアクネ菌はここぞとばかりに皮脂に反応し、通常量を超えるほどにどんどん繁殖してしまうのです。

ニキビにもタイプがいくつかありますが、アクネ菌の繁殖によって生じるニキビを赤ニキビと言います。 アクネ菌が増えることで何故ニキビが悪化するのかというと、これはアクネ菌が皮脂を捕える際に発生する「遊離脂肪酸」という物質が起因しています。遊離脂肪酸とは、通常であればお肌のターンオーバーを促す、美肌に欠かせない物質なのですが、大量生成してしまうとそれは逆効果となってしまうのです。

ターンオーバーが正常に機能しなくなりますと、毛穴の入り口が塞がれがちになり、新しい角質層の細胞は皮膚の中で詰まってしまいます。そんな密閉度の高い毛穴の中で、さらに酸素と皮脂が結びつくと、過酸化脂質という物質が発生します。これは、肌にとって害のある物質であり、肌本来が持つ防衛反応から炎症を起こします。 これが赤ニキビができるメカニズムです。

炎症による赤みは、毛穴の周りにある毛細血管が拡張することで起こります。赤ニキビが悪化すると、黄ニキビへと進行しますが、黄ニキビとはこの拡張した毛細血管から白血球が分泌され、毛穴に膿がたまった状態のニキビを言います。

赤ニキビや黄ニキビは、後々ニキビ跡になる可能性が高い重症ニキビですので、アクネ菌が増殖しない肌環境を作っておくことが大切です。皮脂を増やさせないように生活習慣を整えたり、毎日のスキンケアが重要なカギとなります。

また、ニキビの初期段階である白ニキビや黒ニキビの時にしっかりとケアしておくことが、赤ニキビ防止に効果的です。先にも述べたとおり、アクネ菌は決して悪い菌ではありませんので、上手に付き合ってニキビのない美肌を手に入れましょう。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ