ニキビ跡消す化粧水

胃腸とニキビには密接な関係があります


ニキビを引き起こすのは皮脂の過剰分泌だけではありません。20代以降の大人ニキビの背景にはさまざまな要因がありますが、そのひとつとして「体調不良」が隠れている場合があり、注意が必要です。 なかでもよく見られるのは、「胃腸の不調」が引き起こしているニキビです。ニキビが出来たとき、その原因が胃腸にあるのかどうか判断できるように、そのメカニズムや対策法を確認しておきます。

顔の中でも、頬の下部分やアゴ、鼻の下など「口の周囲」にニキビが出来やすい場合には、胃腸の不調を疑いましょう。胃腸が弱ることで消化不良が起こり、栄養吸収率が悪化してターンオーバーが滞ると、このように口周りの肌荒れ、ニキビを引き起こします。

社会人に起こりがちな睡眠不足や過剰なストレスも、胃腸などの内臓機能を低下させます。その結果体内の老廃物が代謝されずに溜め込まれていき、老廃物は毒素となり、化膿性疾患のニキビとして表面化している、というケースがあります。

胃腸の不調が直接ニキビに影響するのではなく、自律神経を経由する場合もあります。消化器系と自律神経は密接に関係しており、胃腸が不良になれば自律神経の働きも乱れるのです。自律神経の乱れが腸内細菌バランスを狂わせ、ニキビや肌荒れを引き起こします。

胃腸の不調とともに口周りのニキビが見られる場合に、胃腸の調子を整えることでニキビが改善する可能性があります。特に注意したいのは「過剰なストレス」と「暴飲暴食」です。臓器の中でも特にストレスに左右されやすいのが胃腸です。

ストレスを出来るだけ減らすこと、自分に合ったストレス解消法を見つけるようにし、胃腸の健康を取り戻しましょう。忙しくてもひと駅ぶん歩くなど、軽い運動を心がけるだけでも違ってきますよ。

飲み過ぎ・食べ過ぎで胃腸に負担がかかれば、胃腸の機能が低下します。さらに不規則な生活で就寝前に食事をとると膨満感で熟睡しにくくなり、睡眠不足とのダブル作用でニキビが出来やすくなってしまいます。

食事から胃腸の調子を整えるなら、キャベツに多く含まれるビタミンUがおすすめです。胃の粘膜を保護するパワーを発揮します。そのほか、消化酵素で有名な大根、胃腸の粘膜を整えるのに効果的なビタミンCを多く含むじゃがいも、胃液分泌を促進する梅干を食卓に加えてみてください。

ニキビが出来にくい体作りとして胃腸の健康に気をつけることも大事ですが、ニキビ跡用の化粧品を用いて肌表面からケアすることも忘れないでください。下記サイトではおすすめのニキビ跡化粧品を紹介しています。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ