ニキビ跡消す化粧水

ニキビの芯出し、安全で賢い方法は?


ニキビの芯を自分で出したことがある、という方は少なくないと思います。「芯を出してしまえば治りが早くなる」という意見も聞かれますが、これは本当なのでしょうか。

その真偽についていえば、回答は「真」です。ニキビの種類によって、芯を出すことでニキビ治療に効果を発揮するケースがあります。大切なのは、その方法です。指や爪を使って押し出すようなことは避け、専門医にかかるか、芯出しのための道具を使用してください。

まず、ニキビの芯とは「コメド」を指します。コメドとは毛穴に詰まった皮脂に雑菌が繁殖してできた、白く固い成分です。自宅で芯出しを行う場合、その道具はドラッグストアや通信販売で購入が可能です。

コメドプレッシャー、面ぽう圧子、圧出棒といった商品名の器具がこれに当たります。一緒にピンセットも用意してください。道具類は熱湯で消毒しておきます。患部が顔の場合にはもちろんメイクを落とし、きれいに洗って、タオルで水気を拭き取っておきましょう。

まずは患部を消毒します。綿棒にマキロンなどの消毒薬をつけ患部を拭きます。熱湯消毒済みの器具をニキビに当てて、2~3回押し付けると、白い塊=コメドが毛穴から出てくるので、ピンセットで取り除きます。

なかなか芯が出てこない時には、器具を少しスライドさせて押してみましょう。あまり無理をすると、肌が傷ついてしまう可能性があるので慎重に行います。最後に、清潔な脱脂綿をお湯に濡らしたもので患部を拭い、再び綿棒で消毒薬を塗って完了です。

指や爪で圧迫して押し出すと、患部にばい菌が入りやすく炎症を招いたり、無理な力がかかって肌を傷つけてしまう可能性があります。必ず専用の道具を使うか、医師に依頼します。

この芯出しの効果があるのは、白ニキビ・黒ニキビなど初期段階のニキビです。より炎症が進んでいる赤ニキビ・黄ニキビには効果がなく、症状を悪化させることもあるので、自己判断で行わないでください。注意したいのは、誰のどのようなニキビでも、初期なら芯出しで治る、というわけではないという点です。

芯出しの軽い後遺症として黒や赤のポツポツが残ることがあり、さらにコメドの穴がクレーターと呼ばれる凸凹となって残ってしまったり、炎症の影響で過剰分泌されたメラニン色素が沈着し、シミとなって残るケースも見られます。

このような後遺症を避けるためにも、信頼できる医師がいる皮膚科などで処置してもらうほうが安心です。

必ずしも、ニキビを治すために芯出しが必要なわけではありません。肌への負担をかけないよう、刺激の少ないニキビ化粧水を使って毎日スキンケアを行うことでも、少しずつニキビ症状を改善していくことが可能です。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ