ニキビ跡消す化粧水

思春期ニキビと大人ニキビは原因・対策が異なります


「ニキビは思春期にできるもので、大人になってからできるのはニキビじゃなく吹き出物」というのが一般的な言葉の使い分けと思われがちですが、両者は根本的には同じ症状です。 医学的な分類ではニキビ・吹き出物という名称はなく、全て「尋常性ざ瘡(ざそう)」と診断されます。分類としては「毛包腺系の慢性疾患」です。

では、思春期ニキビと大人ニキビ、両者の違いは全くないのかというと、その原因が異なっています。原因が異なれば、対策方法も変わってきます。

思春期ニキビの原因として代表的なものに、「成長によるホルモンバランスの変化」があります。男女ともに、成長の過程で男性ホルモンが活発化し、付随する作用として皮脂分泌が増加するのです。これにより皮脂が毛穴に詰まりやすく、アクネ菌が繁殖しやすくなって、ニキビが発生・悪化します。

食生活も重要です。小腹が空いたからとファーストフードを食べたり、ジャンクフードをご飯にしていると、脂質が多くなってニキビができやすくなります。ニキビが出来にくい食事として、フルーツや野菜でビタミンCを摂るように心がけたり、玄米のビタミンをとりいれるなどし、特にチョコやピーナッツなどは避けてください。

夜中まで勉強することによる睡眠不足やストレス、間違ったスキンケアが思春期のニキビを増やしていることも。できるだけ生活習慣を整えて、肌質に合ったスキンケア商品を選ぶことが大切です。

一方で、大人ニキビの原因にも「ホルモンバランス」が影響しますが、大人の場合に関係するのは「黄体ホルモン」です。生理前に分泌が増える黄体ホルモンには男性ホルモンと似た性質があり、皮脂分泌を過剰にしてニキビを増やします。

忙しいからといって「手抜きの食事」をとったり、「睡眠不足」になることも、大人ニキビの原因に。忙しくてもビタミンB・Cなどの野菜・果物を食材に取り入れるようにしたり、睡眠不足や生活リズムの乱れを少なくするように努力しましょう。

社会人によく見られるのが「エアコンによる肌乾燥」です。空気が乾燥すると「皮脂が足りない」と感知した肌の防御機能によって、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

「メイク汚れ」「誤ったスキンケア」が原因となる方もいます。メイクは面倒でも毎日しっかりとクレンジングし、清潔な肌を維持してください。良かれと思って使用したリッチ成分のスキンケア化粧品をたっぷりと使いすぎることで、肌状態がおかしくなることもあります。

それぞれの原因に合った対策を取ることも大事ですが、いずれの場合にも並行して行いたいのが、肌に優しいニキビ化粧水でのケアです。毎日続けることで、ニキビ予防・改善効果が期待できますよ。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ