ニキビ跡消す化粧水

生理前のニキビ、どうしたらいい?


生理前にニキビができやすい、というのは一般的に言われることですが、だからといって毎月ニキビを我慢するのは憂鬱ですよね。どうして生理前にニキビが出来てしまうのか、その理由や可能な対策をまとめてみました。

ニキビの原因といえば、皮脂の過剰分泌による毛穴詰まりと、その毛穴で細菌が繁殖することによる炎症です。生理前には皮脂の分泌が過剰になるために、ニキビができやすくなっています。

生理前に皮脂が過剰分泌されるのには、2つの理由が考えられます。1つめは「黄体ホルモン」の影響です。生理前になると女性ホルモンのひとつ・プロゲステロンの分泌が盛んになります。

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、子宮を受胎可能な状態にすることで妊娠しやすくする働きを持っています。この黄体ホルモンの作用として皮脂分泌の活性も認められており、生理前に黄体ホルモンの分泌が増えることで、皮脂分泌量も増加するわけです。

2つめは「PMSによるストレス」です。PMSとは生理前症候群のことであり、個人差がありますが頭痛、イライラ、腹痛や腰痛などの症状が現れ、ひどい場合には寝込むこともあります。このような症状がストレスとなって、皮脂分泌を促してしまうことが考えられます。

同時に、PMS症状のひとつとして免疫力が低下することによって肌の細菌が繁殖しやすくなり、ニキビを発生させるとともにその症状も悪化しがちです。

これらの変化によるニキビ症状を少しでも緩和するために出来ることは、以下のとおりです。

ホルモンバランスの調整

ホルモンバランス調整作用のある漢方(桂枝茯苓丸など)やハーブ(チェスナットツリーなど)を試してみましょう。

PMSの緩和

ストレスを和らげるとされるカモミール、イランイラン、ゼラニウムやマジョラムなどを、アロマオイルとして使ったり、ハーブティーとして飲んでみてください。

すぐに実践できるニキビ対策

ニキビ予防に効果的な食材を選ぶようにします。ビタミンCやカルシウム、ビタミンB6がおすすめです。 過剰な皮脂を取り除き肌を清潔に保つため、生理前はより丁寧な洗顔・クレンジングを心がけてください。洗顔後には保湿をすることも忘れずに。

生理前のニキビがあまりにもひどく治りにくい場合や、PMS症状がひどい場合には、我慢せずに一度皮膚科や婦人科で診察を受けるようにしてください。

皮膚科にかかるほどではないけれど憂鬱・・・という方には、自宅で手軽にケアできるニキビ化粧水の利用がおすすめです。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ