ニキビ跡消す化粧水

ニキビ跡の色素沈着には原因に合わせたシミケアを


シミ=色素沈着には色々な種類・原因がありますが、ニキビ跡の色素が沈着してシミになってしまうケースがあります。 さらに同じニキビ跡の色素沈着でも、その色によって原因が異なります。例えばメラニン色素によるものであれば茶色っぽいシミ、ヘモグロビン(血液)によるものであれば黒・赤紫のシミとなるのです。

赤紫のシミに対し、メラニン色素反応に効果がある美白化粧品を用いたケアをしても、効果的とは言えません。それぞれの原因に応じたシミケアをすることが大切なのです。

<色素沈着による茶色のシミ>

ニキビ跡の色素沈着で茶色のシミが残ってしまう原因はメラニン色素にあり、シミができていく過程は、紫外線を過剰に浴びてしまった場合と同じです。

ニキビが炎症を起こすと、肌を守ろうとしてメラニン色素が生成され、過剰となった色素が酸化してシミの元となるわけです。このようなシミを治療・予防していくには、一般的なシミ治療に用いる美白化粧品の使用が適しています。

注意点として「ニキビの炎症が治まっていない患部には使用しないこと」が挙げられます。ニキビ症で炎症部分とシミ部分がいつも混在している場合には、ニキビ跡専用化粧水を使ってみてください。

もうひとつの注意点として「生活習慣を見直し、ニキビが出来やすい体質自体を改善すること」を忘れないでください。美白化粧品の効果がいかに高くても、生活習慣によってまたニキビができ、炎症を起こしてはキリがありません。美肌をイメージして頑張ってみましょう。

<色素沈着による黒色・赤茶色のシミ>

ニキビ跡にできる黒や赤茶色のシミの正体は、血液成分「ヘモグロビン」です。ニキビが炎症を起こして治っていく過程で患部の血管が壊れ、血液が漏れ出して沈着してしまっています。

このようなシミのケアには、ニキビ跡ケア専用の化粧水を利用するのがおすすめです。インターネットの情報などを参考に、おすすめの化粧水を選んでみてください。 メラニン色素による沈着のケースと同様に、スキンケアと並行して、食習慣・生活習慣の改善を行い、体の内側からニキビやシミが出来にくくしていくことも大切です。

習慣の改善やスキンケアでシミを消していく場合には、数ヵ月~1年以上継続して取り組むことが大切ですが、事情があってとにかくすぐに黒・赤紫のヘモグロビンのシミを消したい!という場合に、方法がないわけではありません。

美容外科治療のダイオードレーザーが適しており、より短時間で効果を期待できます。しかし、かなりの痛みを伴うこと、自費診療なのでシミの大きさに合わせて治療費用がかかること、治療中の紫外線は禁忌なので夏場は治療できないことなど、いくつかの注意点があります。

また、美容外科治療は医師のスキルによって治療結果の差が大きいと言われます。信頼できるクリニックや、治療のポイント・注意点について、体験談などから情報を得ておくことをおすすめします。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ