ニキビ跡消す化粧水

ケミカルピーリングでのニキビ跡治療について


ニキビ治療を考える方なら、「ケミカルピーリング」を検討する機会があると思います。科学的な(ケミカル)方法で、皮膚の角質層をはがす(ピーリング)ニキビ治療手法であり、凸凹になったクレーター状のニキビ跡の改善に特に有効です。

ケミカルピーリングは、美容外科やエステサロンの施術として用意されていますが、自分でケアできるケミカルピーリング化粧品を購入する方法もあります。まずは、美容外科・エステサロンで行うケミカルピーリングで使用される薬剤・治療法を、いくつか挙げてみましょう。

例えば「ベビーピール」では、サリチル酸マクロゴールといった薬剤を使用します。角質層を溶解して軟らかくし、新しい肌への再生を促すと同時に、皮脂の過剰分泌を抑制する作用によって新たなニキビができにくくしていきます。

「グリコール酸ピール」に使用するグリコール酸にも、角質層を溶解するパワーがあり、古い角質層を排出して新陳代謝を促し、肌のターンオーバーによってニキビ・ニキビ跡を消していきます。医療機関での施術で限定的に用いられるのが、エンビロンなどの乳酸ピーリング剤(ラクトピーリング剤)を使った「乳酸ピール」です。色素沈着の改善に効果を発揮します。

一方、自宅で使用するケミカルピーリング用化粧品を見てみると、サリチル酸配合のピーリング化粧水、ジェルやローションなどのケミカルセット、ニキビ改善成分を配合した洗顔用のピーリング石鹸などがあります。

では、美容外科やエステサロンで行われるケミカルピーリングと、自宅で行うピーリングケアを比較してみましょう。

大きく違うのは、両者の治療で用いる化学薬剤の濃度・種類です。これが違えば、もちろんその治療効果、治療期間も違ってきます。

美容外科・エステサロンでのケミカルピーリングでは、濃度が高く扱いに知識が必要な薬剤を用いて、角質の溶解・新しい肌への再生を促していきます。高い効果を期待できる反面、それだけ治療によるリスクがあることは否めません。

うまくいけばニキビ・ニキビ跡をきれいに消して美しい肌を手に入れられますが、そうでない場合には、肌の乾燥やヒリヒリ感、かさぶたなどのトラブルを招くことがあります。

家庭用のピーリング化粧品は、誰でも簡単に扱えるように、薬剤濃度・種類が限定されています。そのため、ピーリング効果を得るまでにはかなりの時間が必要で、目覚しい改善を期待できないこともあります。

これらのリスクを踏まえて、肌トラブルのリスクが少ないニキビ用スキンケア化粧品を使って、ニキビ・ニキビ跡を改善している方もいますよ。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ