ニキビ跡消す化粧水

皮膚科のニキビ治療の前に知っておきたいこと


ニキビが悪化してしまった場合や、繰り返し出来てなかなか治らない場合に、皮膚科医を受診するかどうか悩むこともあると思います。ニキビは皮膚疾患のひとつなので、もちろん皮膚科医はニキビ治療についての専門的な知識とスキルを持っていると期待できます。

皮膚科でのニキビ治療を受ける前に、まずはそのメリット・デメリットを知っておけば、治療中・治療後に「思っていたのと違う」と感じるミスマッチを防ぐことができます。

まずは皮膚科でのニキビ治療を受けるメリットを挙げてみましょう。 その診察・処置・処方において、しっかりと学び知識・スキルを身につけた皮膚科専門医に担当してもらうことで、安心してニキビを治していくことが可能です。

薬局・ドラッグストアなどでもニキビ治療薬を購入できますが、誰でも購入できるということは、それだけ効き目がマイルドだということです。皮膚科であれば、医師の判断でより強力な医薬品の処方を受けることができます。

近年では医療用の強力なレーザー機器を治療に取り入れる皮膚科も増え、ニキビ治療の選択の幅が広がっています。症状に合わせた治療を受けられることで、より効果的な改善を期待することができます。

これに対し、皮膚科受診でのニキビ治療のデメリットとして、皮膚科はあくまで医療機関であって症状の治療が目的であり、美肌を目指すものではない、という点が挙げられます。

患者側では「ニキビを治療してきれいな肌を手に入れたい」と望む方が多いと思いますが、皮膚科医が行うのは尋常性ざ瘡=ニキビの治療であって、肌を美しくするための治療ではありません。

皮膚科医で数ヶ月治療を受け、「完治しました」と言われても、結局は跡が残ってしまうなど肌が美しくはならず、不満を感じてしまうケースも聞かれるのです。

近年では皮膚科医が手がける治療の幅が広がっています。美容皮膚科の看板を掲げるクリニックや、より美容目的に即した施術を行う美容整形外科を受診するという方法もあります。 しかしそのようなクリニックが近くにないために、通院が大変になる場合もあるでしょう。またニキビ治療では保険診療外の治療・処方もあり、場合によっては治療費用がかさむことがあります。

これらのデメリットを考慮し、皮膚科受診の前に、まずはニキビ化粧品を使った自宅でのケアで様子を見る、という方法もあります。いろんな特徴を持つスキンケア化粧品から、自身のニキビ状態に合ったものを探してみましょう。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ