ニキビ跡消す化粧水

出来るだけ予防しよう、治りにくいお尻ニキビ


顔や首にできたニキビには早めに気づきますが、逆に気づかないうちに悪化しがちなのがお尻にできるニキビです。ニキビといえば毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こすものですよね。しかしお尻の場合には、さらに別の原因が大きく影響しています。

お尻ニキビがなぜできて、悪化するのかを知り、それに合った予防法や改善策を選んでいきましょう。 お尻は、座ったときなどに圧迫されやすいこと、汗で蒸れやすいこと、洋服・下着による摩擦が多いこと、常に清潔に保っておくのが難しい部分であることから、ニキビができやすくなります。

自分の目で確認する機会が少ないために、ニキビに気づかずに手で掻いてしまったりすることも、患部を治りにくくしているのです。

お尻の圧迫・蒸れ・摩擦を防ぐには?

・事務など座り仕事では時々立ち上がるようにし、お尻に風通しを

・お尻に汗をかき圧力がかかりがちな自転車乗車、エアロバイクトレーニングなどは程々に

・締めつけの強い下着やジーンズを避ける

・蒸れやすい化学繊維の下着ではなく、天然素材のコットンやシルクの下着を選ぶ

お尻を清潔に保つには?

・下着は毎日必ず取り替え、パジャマもまめに洗いましょう

・お尻の汗を意識し、清潔なタオルでぬぐいます

・石鹸、ボディソープなどは肌に優しいものを用い、流し残しがないようすすぎはしっかりと

対策をしっかり意識してお尻ニキビ予防!

これらのお尻ニキビ予防策・対策を意識していきましょう。さらに症状の改善を早めるのが、ニキビ用化粧水でのスキンケアです。お尻を清潔にしたあとに、肌に優しいスキンケア成分で保湿することで、ニキビを防ぎ、美しい肌の再生を促します。

ニキビを悪化させる食べ物を避けるなど、食生活にも気をつけたいですね。お尻ニキビを招くのは、肉・揚げ物といった油分、ナッツ類、糖分の多いケーキやチョコレート、アルコール、お米やパン・麺などの炭水化物、そして唐辛子やカレーなどの刺激物です。

もちろん、これらを全く食べてはいけない、というのではなく、量をこれまでより少なめにし、野菜中心のよりヘルシーでバランスが良いメニューを心がけます。

お尻ニキビの特徴は、できやすく、治りにくく、跡が残りやすいこと。発生自体を防げるようにお尻を清潔に保ち、食事に気をつけることでニキビの出来にくい体質を目指しながら、ニキビ化粧水でのケアを続けてください。普段目に見えない部分を美しく保つことは「美意識」をアップさせ、自信にもつながりますよ。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ