ニキビ跡消す化粧水

日々の生活習慣で、ニキビ跡を消す


茶色や黒の色素沈着やクレーター、赤みやケロイドなどとして現れる「ニキビ跡」は、気になってしまうものです。しかもそれは表面的な傷ではなく、真皮部分まで破壊されたものなので、治療にはある程度の時間がかかります。

ニキビ跡治療のひとつとして挙げられるのが「日々の生活習慣の改善」です。改善のポイントや、どのようにしてニキビ跡に効くのかを知り、嫌なニキビ跡を消すための参考にしてください。

生活習慣の改善には、いろいろなアプローチがあります。まずは食習慣をチェックしましょう。外食や脂質、糖分の多い食事になっていませんか?このような食事はニキビ発症・悪化の原因となるだけでなく、ニキビ跡にも悪影響を及ぼします。

いきなり健康的な食事だけにするのは大変ですが、1日1回は野菜をたっぷり摂る、ビタミンB・Cを含む食材を取り入れるなど、ちょっと心がけるだけでも違います。

次は睡眠のチェックです。肌は深夜、眠っている間に生まれ変わります。睡眠時間が少なすぎたり眠りの浅い状態では、ターンオーバーが遅れて、ニキビ跡の改善もうまくいきません。

最低でも6時間以上は睡眠時間を確保し、ぐっすりと眠れるように自分なりの工夫をしてみてください。

新陳代謝促進のため、適度な運動をするように心がけるとともに、ストレスの溜め過ぎに気をつけます。ストレスは活性酸素をつくりだし、ニキビの炎症悪化・ニキビ跡形成の一因になるのです。

生活習慣を改善することは、ニキビ跡の改善だけでなく、ニキビ自体の発症・悪化を予防し、美しい肌、健康な体をつくることに役立ちます。

しかしながら、もしも生活習慣だけでニキビ跡を改善しようとすれば、充分な効果を得ることは難しく長い時間がかかります。なかでも、肌が凸凹になってしまったクレーターを生活習慣から治そうとすれば、4年以上はかかってしまうでしょう。

生活習慣の改善をするにこしたことはありませんが、そのほかの、ニキビ跡化粧品の利用やレーザー治療の検討などと並行して進める、補助的な治療法と考えた方が良いでしょう。

 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ