ニキビ跡消す化粧水

ニキビ跡を治したい!どうすればいいの?


ニキビ跡は、ニキビの炎症で皮膚の深部までが破壊されてしまった状態であり、これを治すのはなかなか大変ですが、決して治療法がないわけではありません。

早く、そして綺麗に治す為には、自分に合った効果的な治療法を見つけ出すことが大切です。最も手軽に利用できるニキビ跡ケアのひとつとして、ニキビ跡化粧水があります。

下記では、人気のニキビ跡化粧水をランキング形式で紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ニキビ跡を消す化粧水おすすめ人気ランキング!

  • リプロスキン

    リプロスキン

    リプロスキンは「導入型柔軟化粧水」という今までにない新しいスキンケアの形を提案しています。ニキビ・ニキビ跡に有効とされる、8種類もの美容成分をナノ化することで、肌内部までしっかり浸透します。色素沈着を起こしたニキビ跡にも効果的です。美容雑誌でも多々掲載されており、今注目のスキンケアラインです。


     詳しくはコチラ

  • ビーグレン(b.glen)

    ビーグレン(b.glen)

    b.glenは、口コミから人気に火が付いたニキビケア専用の化粧品です。他にはない独自の浸透技術は、なんと国際特許を取得しています。ニキビ・ニキビ跡のケアはもちろんのこと、保湿力もばっちりなので、乾燥しがちな大人女性のお肌とも相性抜群です。お値段は少々高めですが、ニキビ跡に特化したこだわり成分も魅力です。


     詳しくはコチラ

  • ルナメアAC

    ルナメアAC

    富士フィルムが販売するニキビ化粧水です。人気の秘密は富士フィルム独自のナノ技術を活用することで、ニキビの有効成分が肌の奥までしっかり浸透し、ニキビ跡をじっくりケアしてくれることです。@コスメの口コミランキングでも1位を獲得し、今後ますます注目株のニキビ跡化粧水です。


     詳しくはコチラ

  • ベルブラン

    ベルブラン

    3種の「ヒアルロン酸」と美白に効果的な成分「トラネキサム酸」を配合しており、保湿とニキビ跡ケアが同時に行える美容液です。肌への浸透が高い油溶性の甘草エキスが加わり、美容成分をしっかりと肌内部に行き渡らせることができます。無添加ですので敏感肌の方にも安心して使えます。


     詳しくはコチラ

  • オルビス・クリアシリーズ

    オルビス・クリアシリーズ

    幅広い世代で人気のオルビスから出ているニキビ用化粧品です。紫根エキスや甘草エキスといった植物性和漢の力によって、ニキビの生まれにくい健やかな肌へと導きます。お手頃な価格が魅力なので、学生さんでもライン使いができちゃいます。アルコールフリー、無香料、無着色なので敏感肌にも使用できます。


     詳しくはコチラ

ニキビ跡を消すには、どんな方法があるの?


ニキビ跡を消すためには、生活習慣の改善が欠かせません。いくら外側からの治療でニキビ跡を消そうとしても、「ニキビの悪化しやすい生活」を続けていては、治療の効果を十分に得ることはできず、再発を繰り返してしまいます。

「ニキビ跡が治らなくて・・・」と悩みながら、外食中心の生活をしていたり、脂質の多いメニューを選んでいませんか?

食生活やスキンケア、日々の過ごし方など、ニキビの原因は身の回りに沢山潜んでいます。ニキビ跡を治すためには、まずはニキビを作らせない生活環境を準備することが大切ですよ。

まずはニキビを作らないために、生活習慣を見直すべき!


1.ヘルシーな食生活を

脂っこい食事が肌に悪いというのは知っているけど、ついつい食欲に負けて「今日は特別!」なんて言って食べすぎちゃったりしますよね。

近年は欧米化した食生活に傾き、動物性脂肪や糖質の摂りすぎが心配されています。動物性脂肪や糖質は、人間のエネルギーともなる大切な栄養素ですが、過剰な摂取は皮脂分泌を盛んにしてしまいますので、ニキビにとっては要注意。


一方で、ニキビに良いとされるタンパク質やビタミン類は不足しがちであります。

タンパク質が不足してしまうと、ターンオーバーが正常に働かなくなり、汚れや不要な角質が毛穴を塞いで、ニキビの発生リスクを高めます。ビタミン不足も、ターンオーバーのサイクルに乱れを来したり、皮脂量を増加させるなどニキビの悪化を招きます。


このことから、ニキビを作らせないためには、動物性脂肪や糖質の多い食事は避け、タンパク質やビタミンが豊富な食材を意識して食べることが大切です。

タンパク質はコラーゲンの生成を高める働きもありますので、クレーター状ニキビ跡の改善にも期待できますよ。カロリーの低い豆腐料理や、野菜がたくさん食べられる鍋やスープ、サラダなど積極的に食べるようにしましょう。


2.軽い運動も取り入れて


繰り返しできてしまうニキビの原因のひとつに運動不足も関係しているって知っていましたか?運動することによって得られるニキビへの効果は主に二つあります。


ひとつめは、運動によって代謝が上がり、ターンオーバーが促されることです。ターンオーバーが正常に働くと、古い角質や汚れがきれいに剥がれ落ちますので、ニキビはもとよりニキビ跡の発生を予防することができます。

ふたつめは、汗をかくことによるデトックス効果です。体内には少なからず毒素が存在しており、便や汗などから排出されるようになっています。運動不足の方の場合は、代謝が悪くあまり汗をかけないため、毒素がたまりやすくなります。


ニキビやニキビ跡を作らせないためには、身体の中からケアすることが大切です。軽い運動を取り入れて、ニキビ・ニキビ跡の原因からお肌を守ってあげましょう。


3.ストレスは溜めこまないようにする


ストレスは、老化の原因ともなる活性酸素の発生を増進したり、ホルモンバランスを乱れさせ、ニキビなどの肌荒れを引き起こします。日々生活していればストレスを感じてしまうのは当然のことです。ですから、ストレスを溜め込みすぎないように注意する必要があります。

ストレスの発散方法は様々ありますので、自分にしっくり来るものを取り入れて、上手に自分の心と付き合っていくことが大切ですよ。例えば、おしゃべりが好きなら定期的にお友達との食事会を実行したり、家にいるのが好きな方は、アロマテラピーや趣味の絵を描いたり、自分の好きなことに没頭する時間を作るというのも良いですね。

ニキビやニキビ跡がストレスだ・・・という方も多いと思いますが、今は有効成分がたっぷり入ったニキビ肌専用の化粧水も販売されていますので、そうしたアイテムでケアしてあげるだけでもニキビによるストレスは緩和されるものです。

 ニキビ跡化粧水のおすすめは?

ニキビ跡とは?ニキビ跡の原因は?


ニキビ自体、「早く治したい、嫌なもの」ですが、ニキビが治った後にも実は心配なことがあります。それはもちろん「ニキビ跡」です。ニキビ跡とは、文字通り「ニキビの跡」が残ってしまったもので、「クレーター」と呼ばれる皮膚の凹凸や、赤ら顔、ケロイドのほか毛穴開きなどの症状として現れることもあります。


ニキビが悪化せず、皮膚の浅い部分での炎症の間に治すことができれば、ターンオーバーを繰り返すことで自然に治っていきます。しかしニキビの炎症が悪化し、皮膚深部の組織まで破壊してしまった場合に、ニキビ跡となってしまいます。

真皮にまで傷が及んだニキビ跡は、自然に治すことは難しく、治療に時間がかかるのが特徴です。 ニキビ跡ができるほど炎症が悪化する原因として上げられるのは「ニキビを潰すこと」です。


芯が出せそうな白ニキビはつい潰したくなるものですが、問題になるのは潰す際に指先やピンセットなどから侵入する雑菌です。

このような菌は手を丁寧に洗ったぐらいで取れるものではなく、ニキビ部分に細菌感染を起こして、炎症の悪化を引き起こします。 また、きちんとした知識や技術のない皮膚科にかかって、ニキビを潰す治療を受けたことでニキビ跡が残ってしまうケースもあります。


Q.ニキビ跡は美容外科での治療が必要?


肌が凸凹になってしまうニキビ跡「クレーター」は、生活習慣の改善だけでは治すことは難しく、状態がひどい場合は美容外科で治療を受ける必要があります。

美容外科におけるニキビ跡治療では、レーザーの利用が主になりますが、そのレーザーにも実にさまざまな種類があります。高出力レーザーで皮膚の再生機能を促進するフラクショナルCO2レーザーや、フラクセル2、クリアタッチ、サイトンレーザーなどがあり、それぞれにニキビ跡へのアプローチの仕方や施術の際の注意点も異なります。

レーザーとは異なる、イントラセルのような新しい治療法も開発されています。新しい治療は副作用などの有無も不明であり、自分で施術を選ぶ際には充分な注意が必要です。


Q.ニキビ治療薬「ディフィリンゲル」はニキビ跡には効果なし?


ディフィリンゲルのような「ニキビ治療薬」の処方は、赤ニキビの炎症には効果が見られますが、ニキビ跡には効果を発揮できません。

ニキビ自体の治療で用いる際にも、かなりのダウンタイムがあり、副作用も心配されるため、よく医師と相談してから治療を決めることが大切です。


Q.ニキビ跡はスキンケアでも解消できるって本当?


ニキビ跡の種類にもよりますが、スキンケアによって改善することは可能です。シミのように色素沈着したニキビ跡や、そこまでひどい状態でないクレーター状のニキビ跡であれば、ニキビ専用化粧品でのケアがおすすめです。

ニキビ跡化粧品を選ぶ際に配合を確認したいのは、ビタミンCやビタミンC誘導体です。肌のターンオーバーを促し、コラーゲン生成を助ける作用は、ニキビ跡治療に大きく効果を発揮しますよ。


化粧品は肌に直接つける訳ですから、成分選びを間違ってしまうと、治るべきニキビ跡も治らなくなってしまいます。ニキビ跡の改善を目的につくられた、信頼できる化粧品を探してみてください。

ニキビ跡が残らないように、早い段階でニキビを治すこと、潰さないことを心がけ、ニキビのできにくい肌へと改善していきましょう。

ニキビ跡のカバーメイク術は?


残念ながら、ニキビ跡はシミと同じようにそう簡単に消えるものではありません。とは言え、地道なケアを続けることでニキビ跡は少しずつ確実に薄くなりますので、諦めない気持ちも大事ですよ。

ニキビ跡は、ニキビのようにちょっとした刺激で症状が著しく悪化してしまうものではありませんので、ファンデーションやコンシーラーなど比較的遠慮せずに使用することができます。 ですから、普段はベースメイクによって綺麗にカバーすることが可能です。

ニキビ跡のコンプレックスがある方は、ニキビ跡が治るまでの間はメイクで乗り切りましょう。


【マル秘】ニキビ跡を隠すメイクテクニック!


ニキビ跡を目立たなくするためのメイクテクニックの基本は、コンシーラーの活用です。シミやクマを隠すために用いられるコンシーラーは、ニキビ跡を隠すのにも効果を発揮します。

スポット的な跡にはスティック状のコンシーラーを、広範囲の跡にはリキッドタイプのコンシーラーを指で伸ばすのがおすすめです。色は肌色に合ったものを選び、ファンデーションとなじませましょう。 ファンデーションはパウダーではなくリキッドのものを選びます。凹凸の気になるクレーターには、ファンデーションを薄く何度か重ね塗りし、叩き込んでいきます。


厚塗りしないように気をつけ、場合によってはポイントメイクをしっかりして、目線をニキビ跡からそらすようにするのも、カバーテクニックのひとつです。

ニキビ跡を隠すには多少時間と手間はかかりますが、メイクをしている間だけでもニキビ跡の悩みを忘れてしまうくらい綺麗に仕上がります。 このようなメイク術を習得し、ニキビ跡のせいで鏡を見るのが憂鬱にならないよう、明るい気持ちで毎日を送れるようにしたいですね。


すっぴんになってもニキビ・ニキビ跡のないお肌を手に入れたいという方は、ぜひニキビ跡化粧品を取り入れてみてくださいね。おすすめのニキビ跡化粧水はこちらです。

 ニキビ跡化粧水のおすすめは?

ニキビ跡の基礎知識

ニキビ跡にはいくつか種類があります。色素が残ってしまったもの、表面が凹んでクレーター状になったものなど、それぞれの症状に合わせた適切なケアで、ニキビ跡を綺麗に治しましょう。

ニキビ跡の治療法・治療薬

ニキビ跡の治療法も様々です。自宅でコツコツとケアしたい方、即効で効果を実感したい方、自分に合った治療法を見つけましょう。

部位別ニキビケア

ニキビは顔だけではなく、体のあらゆる部分にできるものです。部位によって肌質や効果的なケアは異なりますので、こちらを参考にしてください。

その他ニキビの関連記事

このページの先頭へ